ポスティング戦略と効果

直接家庭に届けることによる効果

直接家庭に届けることによる効果

「ポスティング」は、チラシ広告を家庭や事務所のポストに直接投函し、消費者のもとにチラシを届ける手段の一つです。ポスティングには、他の広告手段とは違う独自のメリットやデメリットがあります。こちらのページでは、福岡県北九州市でポスティング・街頭配布を手がける「NEXT ONE」が、ポスティングにはどのような効果があり、どのような戦略を打ち出す必要があるのかをご紹介します。

ポストに直接投函するポスティング

いくら費用をかけてチラシを制作しても、消費者に見てもらえなければ意味がありません。チラシを配布する方法としては「新聞折込」が一般的ですが、新聞には多くのチラシがいっしょにはさみ折り込まれているため、消費者の目につきにくいことが難点です。

一方、ポスティングの場合は消費者にチラシを見てもらえる可能性が高いと言えます。ポストにチラシが一部だけ入っていると、多くの人がふと手に取って内容を確かめてしまいます。そうした心理的要素を、上手に利用した宣伝手法といえます。

集客につながるポスティング戦略

ポスティングは販売戦略の一つです。集客に結びつけることが最終目的であり、そのためには戦略が必要になります。ターゲットとなる消費者の性別や年齢に合わせて、チラシのデザインやサイズ、部数、配布エリアなどを変更することで集客効果も変わってきます。

また、ポスティング戦略を練る上でありがちな失敗は、売り手の思いを伝えることばかりが重視されてしまうことです。ターゲットとなる消費者に、ぱっと見た段階で「気になる」という印象を与え、「知りたい」と思わせる情報を選択して載せる必要があります。ポスティングの実績が豊富で、それに基づくデータを蓄積してきた当社なら、それぞれのお客様に最適な戦略をご提案できます。

知っておきたいポスティングのメリット・デメリット

家庭や事務所などにチラシを配布するポスティングにはさまざまなメリットがありますが、その反面、デメリットもあります。メリットだけでなくデメリットも理解し、相対的な判断をしましょう。

ポスティングのメリット
手に取ってもらえる 多くのご家庭では毎日ポストをチェックし、必要なものと不必要なものを選別しています。そのポストに直接届けることで、一度は手に取ってもらうことができ、消費者の目に触れることが考えられます。
新聞未購読の家庭にも
リーチする
新聞折込のチラシは、未購読者層には届けることができません。しかし、ポスティングは基本的にエリア内の全戸(※)に配布できます。そのため、新聞未購読者層がターゲットとなるお店や商品も、効果的にPRできます。 ※配布禁止登録物件は除く
配布先を絞り込める 町・丁目単位で、配布エリアを細かく指定できます。さらに細かく絞り込めるので、効果が見込める範囲に無駄なく配布でき、配布数に対する反響率をあげることができます。
チラシ以外のものも配れる ポストに投函できるサイズのものなら、何でもポスティングの対象になります(※)。「サンプルを同封したい」という方も、お気軽にお問い合わせください。
ポスティングのデメリット
クレームが発生することも ポスティング最大のデメリットは「クレーム」です。内容にまったく興味がない人のなかには、「ゴミを入れられた」などと受け取る人もいます。クレームを完全になくすことは、できないのが現実です。
配布部数に限りがある スタッフが一軒一軒の家のポストに直接投函するため、一日あたりの配布数には限りがあります。
天候に左右される 雨天の場合はチラシが濡れてしまうため、配布を延期する必要が出ることもあります。当社では、そうした場合は実施日の変更をご提案しております。
配布終了が確認できない 多くのポスティング業者では、配布を依頼したあと終了したことが確認できません。当社ではお客様に安心してご依頼いただけるよう、配布終了後に作業報告書をご提出しております。

  • NEXTONEについて
  • NEXTONEの強み
  • NEXTONEの提案
  • NEXTONEの安心システム
  • 実績・反響
  • 料金案内
  • Q&A
  • 会社概要
  • 代表挨拶
  • 求人案内
  • お客様の声

お問い合わせはこちら