街頭配布の戦略と効果

手渡しだから見込める効果

手渡しだから見込める効果

「街頭配布」は、お店や商品をチラシで消費者にPRする宣伝手法の一つです。駅前や商店街など人の往来が多い場所で、ダイレクトに消費者に訴えかける街頭配布には、他の広告手法とは異なる特徴があります。こちらのページでは、福岡県北九州市でポスティング・街頭配布を手がける「NEXT ONE」が、街頭配布のもたらす効果や街頭配布戦略の必要性、メリット・デメリットなどをご紹介します。

街頭配布は手渡しによる宣伝

街頭配布は、チラシだけでなくポケットティッシュなどの品や時間、場所を選ぶことで、通勤者や買い物客など、地域を限らず幅広い層の人に働きかけることができます。スタッフが商品名を口に出しながら配布することで、宣伝効果はさらに高まります。

販促効果を高める街頭配布戦略

街頭配布でコストに見合った販促効果を出すためには、戦略を練る必要があります。たとえば、チラシだけでなくポケットティッシュやサンプルなど、配布物を変えるだけでも道行く人の反応は変わってきます。幅広い配布物に対して豊富な配布実績を持つ当社では、商品やお店の特性、地域に合わせたマーケティングを行っています。

戦略も立てずにむやみに街頭配布を行うと、せっかくつくったチラシなどを受け取ってもらえず、印刷代や人件費などのコストを無駄にしてしまうかもしれません。しかし、手渡すターゲットの年齢や性別、実施エリアをある程度絞り込むことで、反響は変わってきます。

知っておきたい街頭配布のメリット・デメリット

街頭配布には、その駅や商店街などを利用する方に直接手渡せるなど、多くのメリットがありますが、その反面、デメリットも存在します。メリットだけでなくデメリットも理解し、相対的な判断をしましょう。

街頭配布のメリット
ターゲットへの
認知度を上げる
配布スタッフが商品名を口に出しながら、直接手渡しすることで、商品に対する認知率の向上が期待できます。
即効性が高い 手渡しすることで、ターゲットが内容を認知するまでのタイムラグを減らせます。キャンペーンなど、お買い得な情報を告知する場合には、高い即効性が期待できます。タイムリーな宣伝に適した広告手法です。
配布物を選ばない ポスティングの場合、ポストに入るサイズ・形状のものしか配れませんが、街頭配布であれば、形状やサイズを選ばずに配ることができます。
ターゲットの
絞り込みができる
あらかじめターゲットの年齢や性別を決めておくことで、配布スタッフの目線でターゲットを選別して配れます。時間やエリアによっては、「通勤時のサラリーマン」「塾帰りの学生」といった細かい設定を行うことで、無駄を減らし反響率をアップが期待できます。
街頭配布のデメリット
受け取り拒否されることも 「ゴミになる」などの理由で、受け取ってもらえないケースもあります。手に取ってもらうためには、ポケットティッシュやサンプルといった実用品の配布がおすすめです。
天候に左右される 雨天の場合、配布物が濡れてしまうことがあるため、配布を延期する必要があります。当社ではその場合、実施日の変更をご提案いたします。

  • NEXTONEについて
  • NEXTONEの強み
  • NEXTONEの提案
  • NEXTONEの安心システム
  • 実績・反響
  • 料金案内
  • Q&A
  • 会社概要
  • 代表挨拶
  • 求人案内
  • お客様の声

お問い合わせはこちら